ストレスや緊張から発熱?

おはようございます。

2月13日の土曜日、ついに息子の保育園生活最後の「生活発表会」が終わりました。

ほんと、6年間お世話になったので、6回目の発表会。

うちのお世話になっている保育園は、土曜日がお父さん、お母さんの日、金曜日はおじいちゃんおばあちゃんが見に来る日、という仕組みなのですが、

金曜日、保育園から15時ごろ電話が・・・

なんだろう。。

「なおくん、お昼ご飯の後、38度ありました。明日元気に舞台に出てほしいので、早めにお迎えおねがいできませんか?」と。

私は、え~~~~”(-“”-)”

びっくりして、お迎えに行くと、とりあえず、少し落ち着いていて37度3分くらいに。

とりあえず、うちに連れて帰って体を診る。

手足はキンキンに冷たく、脈をみると気や血を消耗しましたよ~という状態。

これは、ステージに立つ前に緊張し、終わった後に「もうやり切った・・・」という消耗状態になり、体の熱がぐんぐん上がってきたのかな?と。

体もそんなに熱くないのに、おでこだけがアツアツで、おでこがすこし痛い(頭痛がするということ)。

おでこは冷えピタを貼り、冷え冷えの手足にはお灸を。そして、緊張で胃腸の働きが落ちて、唇が荒れていたので、おなかも温めて。

緊張を和らげるツボにはちっちゃな鍼のシール、pionexを貼って。

すると、すーっと眠たくなって、しばらく寝ていました。

晩御飯は消化のいいように、野菜とじゃこを柔らかく炊いて、梅干しをのせたおかゆ。

夜は、一応、咳止めの薬を飲んで、温かくして寝てもらいました。

朝、目覚めた息子はまあまあの様子。
熱も一応下がったかんじ。

100パーセント元気!!て感じまでは回復しませんでしたが、熱もないし、お休みせずに舞台に上がることができました。

年長さんは一番最後の出番なので、ほかの子たちが舞台に上がっている時間も、

「もし、待っている時間に発熱していたらどうしよう~~」と心配して・・・

終わった時には、変に私が疲れてしまっていました笑

年長さんということもあり、発表会の後はみんなで打ち上げもかねてお昼ご飯。

さすがに病み上がりなので、早々に切り上げて帰らないといけないかな~なんて心配していましたが、

打ち上げ中に息子の顔みると、、もう嫌になるほどスッキリした表情で、体もすっかり元気に。

ほんとに、知恵熱的な発熱だったんだな~と実感してしまいました。

もちろん、もう赤ちゃんじゃないし、知恵熱だけではなくって、風邪が少しはあって、そこに精神的な緊張やストレスが加わって起こった事件だったな、と私なりに解釈しています。

子供って敏感ですね。

特に、長男とか、長女とか一番上の子供はデリケートな子が多い気がします。

image

➡すっかり元気に。恐竜モードの息子笑。

ちょっとだけ、お母さんが緊張したり、ストレスを感じている子供の体の調子に気づくことができたら、

いろんなことをこじらせなくて済むんだろうな、と思います。

これからも、そんな子供の小さな信号とその信号を感じたときの対処法を発信できたらと思います。

子供さんのちょっとした不調のケアも1500円~2500円で施術しています。

いつでもご相談くださいませ~。 info@kobe-ohana.com まで。

今日も笑顔の一日になりますように・・・

Ohana.はり灸院 小林純子でした。